勉強を教える | 保育の仕事がしたいなら求人を探してみよう
保育士の求人情報について知ろう

勉強を教える

派遣登録から個人契約へ

家庭教師はもともとは近所の子どもや親戚の子どもに大人や学生が勉強を教えるというものが一般的でした。それがバイトとして広まるようになったのは家庭教師派遣会社が生まれ、広く学生から社会人を対象に教師として採用するようになったことによります。 高時給のバイトとして注目されておおくの学生達が勤めるようになったものの、中間マージンがとられてしまうことや、登録先の会社に授業の度に書類提出が必要になる等の手間がかかることがネックとなっていました。 そういった状況を見て生まれてきたのが個人契約での家庭教師のバイトです。掲示板等で募集されるのが一般的でしたが、そのうちに個人契約をすすめる斡旋業者も登場したことにより広まり、現在に至っています。

個人契約の問題の認識から派遣への移行

より高時給で家庭教師のバイトができるということで個人契約が広まっていく傾向があります。その一方で、個人契約で家庭教師をすることによるトラブルの発生も問題視されるようになってきました。雇う家庭と教師側での意見の食い違いが生じたり、互いに授業時間や報酬などの面で契約を守らなかったりすることが起きているのです。そういった場合に派遣会社を経由しているとトラブル解決の措置をとってくれますが、個人契約の場合には両者間で解決するしかないのです。特に家庭側は自宅が知られてしまっていることもあって将来的な不安が大きくなりがちです。そういったリスクについての認識が高まっていることから、派遣会社を介した家庭教師の依頼が増えて行くことになるでしょう。